自転車 > 【シエルヴォ奈良】UCI2.2 アジアツアー「ツールド熊野」プロローグ&1stステージ

【シエルヴォ奈良】UCI2.2 アジアツアー「ツールド熊野」プロローグ&1stステージ


サイクルロードレース・ジャパンプロツアーチームとして日本を転戦する「シエルヴォ奈良」。
今週は16日(木)から4日間にわたって開催される国際レース「ツールド熊野」に参戦。
16日はプロローグとして個人タイムトライアル。続く17日は1stステージとして赤木川清流コースにて行われた。

「ツールド熊野」は、UCI(国際自転車競技連合)2.2カテゴリーのアジアツアーとして、国内チーム・海外チームが参加する国際レースです。
http://www.nspk.net/tdk/


【16日(木)プロローグ】
雨の中、ツールド熊野 個人タイムトライアルが15:35にスタート。
スタート順は、4番斎藤選手、20番山本選手、39番岸選手、59番大塚選手、79番雨乞選手、99番山下選手です。
山本選手が暫定トップタイムでゴールしました!

プロローグ 個人タイムトライアルの結果です。
大塚選手 7位
山本選手 16位
雨乞選手 17位
斎藤選手 67位
山下選手 69位
岸選手 114位
でした。

明日は1stステージ。赤木川清流に場所を移して、1周16.3km x 7周、114.1kmのコースで行われます。11:55スタートです。
プロローグ記録:http://www.nspk.net/tdk/2016/C3_Prologue.pdf




【2日目 1stステージ 赤木川清流コース 114.1km】
序盤のアタック合戦からマトリックス佐野選手とブリジストンアンカーのトマ選手が逃げる。
そこに宇都宮ブリッツェン堀選手とステートオブマターの選手がブリッジ。
最大で2分ほどまでに開いた差も最終周には10秒を切り、ラスト3キロほどで吸収。
ステートオブマターの列車からスプリント。
シエルヴォは雨乞選手が6位に入りました。
結果は以下の通り。

1st ステージ終了まで、
個人総合順位
1位 KERRISON Jesse / ステイトオブマター/マープ
2位 ABERASTURI IZAGA Jon / チーム右京
3位 SUZUKI Ryu / ブリヂストンアンカー
...
6位 雨乞選手
9位 大塚選手
16位 山本監督兼選手
54位 山下キャプテン
72位 岸選手

チーム総合順位
1位 STATE OF MATTER
2位 チーム右京
3位 宇都宮ブリッツェン
4位 愛三工業レーシングチーム
5位 シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシングチーム


明日は、2nd ステージ熊野山岳コース109.3km。88名出走 10:30スタート。
千枚田、札立峠を含む高低差約400m。厳しい戦いになりそうです。
ライブ中継:https://abemafresh.tv/cycling/17692
1stステージ記録:http://www.nspk.net/tdk/2016/C4_Stage1.pdf



(記事画像提供 シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシングチーム)

パートナー紹介<G>
パートナー紹介<S>
パートナー紹介<B>